日本秋祭in香港-魅力再発見- > プログラム > 愛と死の玉手箱:大林宣彦映画祭ー野のなななのか
    愛と死の玉手箱:大林宣彦映画祭ー野のなななのか

    イベント番号: 200070

    カテゴリ: 映画

    • 実施主体名:
      主催:在香港日本国総領事館、国際交流基金 共催:香港アートセンター
    • 日付:12-12-2020
    • 時間:14:30
    • 場所: 香港 (香港アートセンター、ルイス・クーシネマ)

    【「愛と死の玉手箱:大林宣彦映画祭」に関するお知らせ】

    「疾病の予防と抑制(規定と指示)(業務と場所)」第599F章により12月23日まで映画館が閉鎖されるのを受け、2020年12月12日から20日までの間に予定していた上映会はすべて中止となります(改めて上映する場合、別途お知らせします)。
    すべての上映について払戻を受け付けています。チケットをお持ちの方は、下記リンクから「払戻申込書」をダウンロードしてください:https://bit.ly/33vH8AB
    念のため、事後照会する際に備え、「払戻申込書」及びチケットの両面を写真などで記録に残してください。手続き中に書類の原本を紛失し記録を提出できない場合、払戻は対応できかねますのでご注意ください。
    また、「払戻申込書」に記入・署名がない場合も払い戻しはできません。

    2020年12月28日(当日消印有効)までに、記入済の「払戻申込書」及びすべてのチケットの原本を下記の住所に郵送してください:
    Moving Image Dept.
    8/F, Hong Kong Arts Centre
    2 Harbour Road
    Wan Chai
    Hong Kong
    香港アートセンターは完全且つ正確な申込情報とすべてのチケットの原本を受領した後、払戻の小切手を郵送します。
    お問い合わせ:bcheung@hkac.org.hk

    野のなななのか


    上映時間:2020年12月12日(土)2:30pm

    日本 | 2014 | 171 mins | 日本語音声、英文字幕 | DCP | カラー


    大林宣彦監督が北海道・芦別市を舞台に描き出す家族ドラマ。前作『この空の花 長岡花火物語』に引き続き、生と死の境界線に焦点を当て、ある家族に隠された戦争の秘話を浮かび上がらせる。
    家長・光男(品川徹)が他界し、ばらばらに暮らす親族たちが冬の芦別に集結。そこへ突如、信子(常盤貴子)と名乗る謎の女性が現れる。信子の出現により、光男の知られざる過去とその背景にある戦争の秘話が次第に明らかになる。


    チケット発売中!


    チケット価格:$80/ 64*
    映画全6作品通し券:$350 (6作品のチケット各1枚)

    *一般価格のチケットを4枚以上購入:20% 割引
    *全日制学生、シニア(60歳以上)、障がい者及びその介護者、社会総合援助を受けている人


    チケット購入方法

    電話:2111 5999
    アプリ:My URBTIX (Android & iPhone)
    チケット購入に関するお問合せ:3761 6661 (10:00-20:00 Daily)
    サイト:www.urbtix.hk


    愛と死の玉手箱:大林宣彦映画祭

    開催期間:2020年12月12日から20日まで
    会場:香港アートセンター ルイス・クーシネマ


    主催:在香港日本国総領事館及国際交流基金
    共催:香港アートセンター
    支持:日本秋祭in香港-魅力再発見-



    関連イベント